じぶん銀行のデメリット

じぶん銀行は、「携帯電話の特性を最大限に生かした」新しいタイプのネット銀行として、様々なメリットを上げることができる銀行です。特に三菱東京UFJ銀行と共に共同出資者であるKDDIのauユーザーにとっては、じぶん銀行とコラボレーションすることで、他にはない大きな特典が用意されています。しかし、携帯やスマートフォンに特化されているということは、携帯・スマートフォンだけでも口座を開設し取引することが可能ですが、今までのようにパソコンだけでは口座の開設もできないというデメリットにもなっています。口座をつくるには、じぶん銀行が提携している携帯やスマートフォンの電話番号やEメールアドレスの入力が、必須なのです。持っていない人は取引ができないのです。

じぶん銀行には、便利でお得な機能がいくつも用意されていますが、逆にストレートにできないことも多いですね。たとえば、公共料金の引き落とし口座としては指定できません。かわりにじぶん銀行が発行するクレジットカード「auじぶんカード」で決済し、引き落とし口座をじぶん銀行に指定するということはできますし、さらにその時にポイントも貯まるという仕組みです。ちなみに同じネット銀行の住信SBIネット銀行やジャパンネット銀行では、直接公共料金の決済ができます。

また、じぶん銀行に口座開設するとキャッシュカードが発行されますが、しかしこのキャッシュカードでは提携ATMから現金の振込は出来ないのです。そのかわり、ATMへ行かなくても手に持っている携帯やスマホから振り込めますし、振り込むことの多い相手を登録しておくと、次回からは振込先の入力なしで送金できます。三菱東京UFJ銀行、じぶん銀行同士だったら振込料は無料ですし、auを使っている人限定で、ATMの手数料や振込料がいつでもすべて無料という、大変な特典があります。パソコンからももちろん、インターネットバンキングで振り込めますが、キャッシュカードで振り込めないことにビックリしてしまいます。

セキュリティに関しては、ATMロック、パソコンロックなど、他社にはないオリジナルのセキュリティ対策を取っています。自分がお金を引き出すとき以外はATMをロック、取引をするとき以外はパソコンのWebサイトへのログインをロックするというものです。なかなか堅実なセキュリティ方式で、昨年は不正送金被害はなかったようです。ただしATMロックは携帯かスマホだけの機能です。パソコンからは設定出来ません。ロックを解除するには暗証番号が必要ですが、間違った番号を複数回入力するとロックがかかってしまい、入力ができなくなります。そうなったら、じぶん銀行から、解除と再設定の方法を指示するEメールが来るまで待たなければなりません。

ネット銀行としての金利は、都市銀行よりはもちろん良く、他のネット銀行とくらべて突出はしていませんが、低くもなく平均的と言ったランクです。新規限定で3ヶ月もの定期預金にはかなり高い金利を付けていますので、お金を貯める銀行としても活用できそうです。

じぶん銀行の取引は、確かに携帯やスマートフォンですべての事が出来るように設定されています。じぶん銀行独自のアプリやツールがあり、便利なサービスを受けることができます。しかし、携帯、スマートフォン、パソコンと端末の種類によって、利用できるものとできないものがあり、さらにau専用のアプリで機能するサービスもあり、と混乱してしまいます。例えばセキュリティの「パソコンロック」の設定と解除はスマホに「スマートフォンアプリ」をダウンロードしなければなりません。パソコンからではできないのです。ホームページを何度も読まないと、一度では呑み込めないところがあるので、お客様センターに電話して直接説明してもらう方がいいのですが、これがなかなかつながりません。



Design by