楽天銀行の研究

楽天銀行のマネーブリッジとは

「マネーブリッジ」とは、楽天証券と楽天銀行の間の口座連携サービスの名称です。銀行と投資を連携させた双方に便利なサービスですが、こうした同じグループのネット証券とネット銀行との口座の連携は、住信SBIネット銀行とSBI証券の「SBIハイブリット預金」や、大和ネクスト銀行と大和証券の「スウィープサービス」などがあります。どれも銀行の預金と証券会社の投資などの資金を、一つの口座を使って共用するシステムです。

銀行の普通預金の残高を証券会社が株式の買い付けなどの投資資金として流用し、株式の売却の代金などを銀行の普通預金に入金して運用します。マネーブリッジを利用すると、投資をするときに銀行の普通預金が利用できることで資金不足で投資チャンスを失う、という事が無くなります。またそのままでは楽天銀行の普通預金の金利はメガバンク並みの低さですが、マネーブリッジにエントリーすると普通預金の金利が数倍も高く設定されるので、預金者にとっても大変お得になります。

またマネーブリッジには、楽天銀行と楽天証券間の資金移動が大変簡単にスピーディにできる、様々なサービスがあります。「かんたんログイン機能」を利用すると、銀行から証券口座へIDやパスワードなしでログインでき、楽天証券での投資信託の買付や売却の時に大変便利です。「らくらく入金」は楽天証券のウェブサイト上で、銀行のIDやパスワードを入力することなしに、ワンクリックで楽天銀行の普通預金口座からの入金ができます。原則として手数料は無料、資金の移動は原則として24時間リアルタイムです。また「らくらく出金」は、これも楽天証券のサイトから指定した額を楽天銀行の口座へ振込むサービスです。原則として当日の出金も可能です。

マネーブリッジのサービスを受けるには、銀行と証券の両方に口座を開設する必要があります。楽天証券の口座開設の手数料や維持費用は一切無料ですし、また残高表示サービスを使って楽天証券の画面から楽天銀行の普通預金残高をみることもできます。株式投資をしない人でもマネーブリッジの様々な便利でお得なサービスを受けられるのですから、楽天証券の口座を開設しておいたほうが断然有利ですね。



Design by