優等生の銀行であるジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の商品

ジャパンネット銀行の円普通預金は、1円から預金できます。円普通預金は生活の中での支払いや振込、または様々なサービスを受けるために必要な基本的な口座です。ガスや電気などの公共料金や保険料、クレジットカートなどの引き落としを、自動で口座振替にできます。ヤフーオークション利用するには「Yahoo!ウォレット」に登録しなければなりませんが、その決済用銀行の一つにはジャパンネット銀行も指定されています。出品者と落札者がどちらもジャパンネット銀行普通預金口座を持っていれば、インターネットでの振込だったらどんなに金額が高くても振込手数料は172円で済みますから、大変お得です。公営競技の払戻し金の受取のための口座としても普通預金の口座は必要になります。

円定期預金はジャパンネット銀行では「ネット定期」と呼び、1万円から預金できます。円普通預金の口座を持っていないと定期預金の口座は作れません。預入金額を均等に分割して、同額の定期預金口座を同時に最大20まで作成できます。ただし、金利は分割後の金額に応じた額になるので注意が必要です。1ヶ月から10年まで預入期間を選べますが、金利は平均的で他のネット専業銀行より特に良いというわけではありません。しかしネット専業銀行の中には10年ものの定期預金を扱っていない銀行が多いのですが、ジャパンネット銀行の10年ものの金利は、三菱東京UFJ銀行の3倍です。預入期間が長いので信用度の高い銀行選びが必須ですが、ジャパンネット銀行は最適と言えるでしょう。

外貨預金は米ドルをはじめ、ユーロや豪ドルなど9通貨を扱っています。米ドルの為替手数料の低さは他の銀行に比べても驚くほどです。他の外貨の手数料もトップクラスの安さであるのは注目に値します。金利に関してはキャンペーン期間の金利がかなり高いですが、期間限定です。その他もちろんFXや投資信託も扱っています。FXとは証拠金と呼ばれる、一定額以上を担保にして取引を行う投資商品ですが、ジャパンネット銀行のFX商品(JNB-FX PLUS)の一般タイプでは、最低取引単位が1,000通貨です。しかも手数料は0円です。これならお小遣いの範囲ではないでしょうか。またJNB投資信託では1万円から始められてファンド購入手数料も低めです。普通預金口座と投資信託口座を連動させているので、資金の振替が簡単にできる、初心者にもわかりやすい丁寧な説明、など評価は高いようです。

いわゆる住宅ローンは扱っていませんが、学資やリフォームなどの目的型ローンの他、使い道が自由のフリーローンも取り扱っています。その金利の低さはうれしいです。そしてジャパンネット銀行と言えば、なんといっても競輪競馬などほとんどの公営競技や宝くじ、totoなどに対応しているのが人気です。予約購入や外出先でもスマホやパソコンでジャパンネット銀行のホームページから投票することもできますし、入会費や年会費は無料です。

また無審査で年会費無料で発行されるVisaデビットカードは海外でも使えますし、業界No.1と言われるセキュリティなど、預金商品だけでなく多方面の商品やサービスに対応しており、大変使い勝手がよく安心感がある銀行と言えるでしょう。



Design by